2017年03月04日

缶コーヒーはまだまだ需要があると言う話

缶コーヒーが売れないのはコンビニの影響? 意外な事実 (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

そら缶コーヒーにはまだまだ需要がある。私も実際によく購入する。なんていっても店頭で注文しなくても自動販売機で気軽に買えるんだから。

恥ずかしがりやさんは店頭で注文しづらいのである。言うタイミングも難しい。私も仕事帰りに肉マンやドーナッツ、そいから時には思い切って、フランクフルトやらも注文したいのに言い出せないことが良くあると言うか殆どである(でもだからこそ時々食べる肉マンなどがより美味しく感じるのだが。今のこの寒い季節に外でアツアツのこいつにかぶり付くとジュンジュワァと涙が溢れてくるよ)。私のような臆病なタイプにこそ、"ご一緒にポテトはいかかですか?"の優しい一言が必要なのだ。

それに自販機のコーヒーはコンビニコーヒーよりも味や種類がバラエティーに富んでいるし、ペットボトルやボトル缶は蓋がついているのでカバンに入れて移動することもできますからね。

どうしてもコンビニコーヒーを持ち歩きたいならなるべく軽くてコンパクトな水筒を持参しそれに入れるようにすればいい。普通ならこうしたことはしようと思ってもしないがこうしたちょっとした一手間をかけられるかかけられないか、またその余裕があるのかどうかで人生も大きく変わってくるのかもしれません。これならその場で最後まで飲む必要はなく、電車やバスの移動中や職場などでちょっとずつ飲むことで結局、節約にもなるだろうしね。レビューを読むと既にセブンイレブンなどのコンビニコーヒーを入れる目的で購入している方もいますね。やはり皆、考えていることは同じということか。

普通に使用済みのボトル缶やペットボトル(プラスチック製の透明なやつ)に入れ直せばいいだけな話かもしれませんが、冷たいモノはなるべく冷たいまま、温かいモノはなるべく温かいままで飲みたいですし、こういうお洒落で恰好良い水筒に入れて持ち歩くだけでテンションがあがります。

それに何よりちょっとした会話のキッカケやモテにも繋がりますからね。キャッ、この人やっぱりちょっと違うわ、と思わせたら勝ちなのです(これでいいやとテキトーに選んだり値段だけで妥協せず、こういうのもシンプルだけどちょいとお洒落な感じのものを選ぶのがポイント) 。

ちなみに私はペットボトルのフタを締め忘れることが多く(締めてはいるが気弱で優しい性格なだけに力が足りず緩いのである)、カバンの中で大洪水を起こすことが時々あって(あれは本当に腹が立つ)これを解決する方法を考えたり、何らかのアイテムを探してたのですが、よく考えれば、自販機の商品も常にこうした水筒に移すようにすれば、フタの締め忘れ防止にも繋がって良いかもしれません。水筒のフタの方がしっかり締められますし(中には締めが甘くてこぼれちゃう商品もあるので注意)、内側と外側の二重構造になっているものも多いですからね(上のはそうではないが)。


posted by ステファン・イグナショフ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食品関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。